道着の帯の締め方

0-07

空手や柔道などの道着の帯の締め方です。

帯もキチンと締められないようでは、ブラックベルトへの道程は遠いです。

初心者の人は、よく腰の後ろ側で、交差してねじねたりしてますが、かっこ悪ので美しく一本になるように締めましょう。

帯の締め方の手順

まずは帯の真ん中を持ちましょう。ネームの刺繍が入っている方(表側)が外になるように。

お腹の真ん中に、帯の真ん中が来るように持ってきます。表側が外向きになるように。

obi1

両側をグルッと回してきて、お腹の前まで重ねてきます。このとき背中側で交差しないように、キレイに1本になるように巻きます。

すると、どちらかが上でどちらかが下になりますね。

obi2

どっちでもいいのですが、上になった方の帯の端っこを、お腹の前の2本重なっている部分に下から通して、引っ張り上げてきます。

ここで一旦、ギュッと締めます。

obi3

そして、もう一度お腹の前で結んでできあがり。

obi4

両端が上に向くように引っ張り上げる形で完成。

重力により、自然と下に垂れて、かっこいいです。

obi5

帯が新しいうちは、ぴょんと上に跳ね上がってしまいますが、年季が入ってよれよれになってくると、サマになってくることでしょう。

少林寺拳法や合気道では、重なった部分の間に帯の先を通して、ブラブラしないようガッチリ固めて縛ると教えられるようですが、私は少林寺拳法をしているときも上記のやり方で結んでおりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク