自動車の牽引ロープの代用になるロープの結び方

0-47

市販の牽引ロープにはフックがついていて、ガチャっととめるだけで大丈夫です。特に結び方はありません。フックじゃなくて、U字の金属にボルトを通すタイプのもありますね。

しかし、牽引ロープがない場合、手持ちの普通のロープも使えます。故障車をひっぱたり、道をふさいでいる丸太を引っ張ってどかしたり、というような場合ですね。

って、常にロープを持ち歩いている人も少ないでしょうが。ロープは車に積んでおくと便利です。普通のロープなら、車で丸太を運んだり、冷蔵庫を固定したり、いろいろ使えます。

車の牽引にはもやい結びがおすすめ

車の牽引にはもやい結びがおすすめです。船をつないでおくときの結び方です。

もやい結びの手順

この結び方だと、ガンガンに引っ張っても、結び目が縮んだりしないし、引っ張ったあとでも解くのが簡単なのです。

DSCF8925

車の前後には牽引用のフックがついていますので、そちらに結びます。最近の乗用車だと、前のフックは、使用時のみバンパーのところに取り付けるようになっているのもあります。

(写真はワゴンR。バンパーのカバーを外して、フックにロープを結んでいます。)

太さに不安があるロープなら、2重3重に通して、最後にもやい結びをしてもよいでしょう。

車を引っ張って走行する場合は、4mくらいの長さにするようにして、ロープの中ほどに白旗をつけるのが決まりです。

バンパーに直接ロープ結ぶと、バンパーがぶっちぎれて外れます。また、フック以外のフレームなどの場所は、引っ張った時、車が斜めになったりするので、よろしくないです。

フックがついていても、積載トラックに載せた時の固定用であって、牽引用ではないものもあります。

写真のワゴンRは、後ろには牽引用フックはないので、牽引する側にはなれません。

DSCF8920

無理にロープを引っ掛けたら、バンパーが壊れると思われます。

牽引用のロープは切れないように伸びるようになっていますが、普通のロープはそんな風にはなっておりませんので、一気に引っ張ってテンションがかかり過ぎないように注意が必要です。

勢い良く引っ張ったり、牽引される方が先にブレーキをかけると、ブチッと切れることがありますので、注意しましょう。

引っ張られる方の運転のほうがむつかしいです。自信がなければJAFかロードサービスが来るのを待つほうが良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク