様々な生活シーンでお役立ちのロープワーク。知っていれば人生の楽しみが増えます。

蝶々結びの結び方

蝶々結びは、もっとも広く知られているロープワークです。蝶結びとも花結びともいいます。英語ではボウノット。(Bow knot) 簡単に結べて、引っ張ればすぐに解けます。 日本人ならできてアタリマエ。一般常識と言えましょう。小学校受験にも出てきます。 服や靴の紐を結んだり、古新聞を縛ったり、ネクタイとして首の下を飾ったり、用途は様々。 結び方は簡単ですが、間違えると縦結

続きを読む

ほどけにくい靴紐の簡単な結び方 イアンノット

靴紐の解けにくい結び方がイアンノットです。 歩いていて、靴紐が解けると、結び直すのは面倒くさいし、人に踏まれたら危ないし、蝶々結びでほどけやすい靴紐は、イアンノットを試してみましょう。 左が蝶々結びで、右がイアンノットです。みたかんじ、あんまり違いがわからないでしょう。 緩めてみると、こんなふうになっています。 左が蝶々結びで、右がイアンノットです。シンプル

続きを読む

道着の帯の締め方

空手や柔道などの道着の帯の締め方です。 帯もキチンと締められないようでは、ブラックベルトへの道程は遠いです。 初心者の人は、帯の先の長さが左右で違っていたり、名前が裏向きになっていたり、交差してねじれたりしてますが、それは、かっこ悪いです。 まだ白帯だとしても、堂々と、かっこよく締めましょう。 (着物や浴衣などの帯は「結ぶ」というのが一般的のようですが、道着の帯は「

続きを読む

巻結びの結び方

日曜日に市役所前の広場でいろんなイベントやってたんですけど、子供向けのコーナーにロープワーク教室やってました。 板にロープがとりつけてあって、結ぶ体験ができました。 今の子は、パソコンを使うことができても、ロープワークを覚える機会がなかなか無いですものね。ロープワークを知っているって、ボーイスカウトに入る子くらいじゃないでしょうか。こういう体験の場がもっとあると良いと思います。

続きを読む

ビンを2本まとめて縛る方法

お祝いごとなどに呼ばれた場合、一升瓶をぶら下げて手土産にするというようなバンカラな風習はこの頃は少なくなったでしょうが、覚えておくと役に立つこともあるかもしれません。 ひもは2本使います。 瓶を2本縛る手順 一升瓶2本にひもを2回巻きつけます。(見本画像が空ビンなのは、飲んでしまったからです。) 外科結びをします。 ⇒外科結びの結び方

続きを読む

いかり結びの手順

いかり結びは、船の錨にロープを結ぶロープワークです。 フィッシャーマンズベンドともいいます。小型船舶操縦免許の試験に出ます。 ギチギチに括りつけるのではなくて、遊びがあるように結びます。でも、海の中で外れない結び方です。 いかり結びの結び方 イカリの輪っかにグルグルと二回通します。(黄色い輪っかを錨だと思ってください) 2回まわしたロープの間に

続きを読む

カウボーイの投げ縄

カウボーイが馬の上からロープをビュンビュン回して、子牛をつかまえたり、銭形警部がルパン三世を捕まえたりするのが、投げ縄です。ロービングともいいます。 かっこいいですね! ロデオ競技でも用いられます。 結んだところから輪が縮まない「もやい結び」と違い、ひっぱると縮むというのが特徴です。 >>もやい結び 投げ縄の結び方 止め結びを作ります。

続きを読む

電気コードを短くまとめる結び方

延長コードや、電話の配線など、やたら長かった場合は、トラックの荷物を縛る時の縮め結びの応用で、短くまとめることができます。 ながさの調節ができるので便利です。 へやの隅っこでコードが丸まっているとホコリが溜まって見苦しいし、火災の恐れもあります。足を引っ掛けて転んでも危ないので、長いコードは短くまとめておきましょう。 輪っかをふたつ作って、間に通します。 糸で縛って

続きを読む