トラックの荷物を縛る結び方

縮め結び、輸送結び、南京結びとも呼ばれるロープワークです。

運送のプロが用いる方法です。

縮め結びは簡単で便利

一見たよりなさそうな結び方なんですが、引けば引くほど締まっていきます。

それでいて、解くのも簡単。

体重を利用して締めます

ロープを引くときに足をかけて体重を載せていくと、滑車の原理で強烈に締まっていきます。

ロープを締めていく人と別に、荷物の上に乗っかって、ロープをバチンバチンと引っ張っては放す人がいると、より良く締まります。

一方向に締めていくだけだと、ロープと荷物の摩擦で、縛りきれないことがあるからです。

締め付ける力は強力ですので、荷物がヤワだと、ひしゃげてしまいます。

丸太とか鉄骨なら問題ありませんが、むき出しの高級家具とかは、あまりおすすめじゃありませんね。

ロープを掛ける荷物は選びましょう。

縮め結びの結び方

輪っかを作って、ロープの途中をふたつに折って、通します。

トラック1

輪っかに通したところは、ギュッと首を絞めるように巻いておきます。

ロープの端を荷台のフックに引っ掛けてから、大きい方の輪っかに通します。

トラック3

 

輪に通したら、ロープの端をガンガンに引っ張ります。体重を思い切りかけてひっぱりましょう。

この時、荷物の上で、ロープをバンバン引っ張ったり放したりしてもらうと、より良く締まります。

トラック4

 

最後の部分は、引き解けの形にします。

トラック5

慣れないと、途中でバラけてしまったりしますが、何度か繰り返せばうまくできるようになります。

 

スポンサーリンク




コメントを残す